沖縄のFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 地域別のFPの求人探し >> 沖縄

沖縄のFPの求人

沖縄のファイナンシャルプランナー資格を活用した転職求人は、都会エリアなどと比較した場合には、残念ながら絶対数は少なめです。求人数は少ないですが、ファイナンシャルプランナーの資格を活用出来るスタンダードな業務内容の転職求人は存在しています。その中でもよく見られるのはコンサルティング営業といった職種になります。保険会社や不動産会社、住宅メーカーなどにおいて、ライフプランを提案し、商品の営業を掛けるといったものですね。

コンサルティング営業はファイナンシャルプランナーの王道的な職種になります。沖縄エリアの特徴としては、何気に若い世代の募集ではなく、ある程度に社会人経験を積んだ30代以上の人材を求めているということでしょう。これには沖縄エリアの特徴が見事に反映されていると言えますね。沖縄は言わずと知れた世界一の長寿エリアですから、高齢者が非常に多いことでも知られているのです。日本という国全体が高齢化に突き進んでいますが、昔から沖縄では高齢者の割合が一定して多かったわけです。

顧客のターゲットの年齢が高齢なわけですから、20代そこそこの社会人経験も薄いような人材では、説得力を持つことは難しいですし、何より話が合わないという可能性が高いと感じられるのは当然なのです。こういった理由からも、一般的なエリアでは、年齢を理由に戦力外とみなされるような世代のファイナンシャルプランナー資格保有者が、沖縄エリアでは転職市場の主力となっているのです。

30代中盤から40代後半までが、沖縄エリアにおけるファイナンシャルプランナー資格保有者の主力の世代といえるのです。ですから、他の地方エリアで年齢を理由になかなかに資格を活かしきれず、転職先もないといった方にはオススメのエリアなのです。更にいえば、自身の終の住処にも最適なエリアとも言えますから、全国から転職先を求め、移住をしてくるような方も見られているのです。

条件としては社会人経験が3年以上で商品先物や商工ローン、生保企業などでも業務経験があるものが好ましいとなっています。マネージャー職であれば、年収500万円オーバーも夢ではありません。このように沖縄エリアならではの特徴がありますから、地元の事情をよく知っている転職エージェントに登録をして、求人の紹介はもちろん、転職活動のサポートを受けることが、沖縄エリアで最も転職を成功させることが出来る確率が高いといえるでしょう。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.