FPの転職とキャリアアップ

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの転職とキャリアアップ

FPの転職とキャリアアップ

FP(ファイナンシャルプランナー)資格を取得する目的の一つにキャリアアップがあります。FP資格を生かして転職をし、待遇の良い職場へ就職する道が開かれる場合が少なくありありません。FP資格は今社会で特に求められている資格の一つですが、FP資格が生かせる職場をある程度見極めておくことで、どの分野でキャリアアップを目指すべきかが見えてきます。転職を考える場合には、FP有資格者を特に必要とする企業を見定める必要があるため、なおのこと大切だといえるでしょう。

FP資格が生かせる職場として思い浮かべるのは金融系の企業です。銀行や保険会社では多くのFP有資格者が活躍しています。証券会社も顧客の資産運用ニーズに対してFPを積極的に配置する動きが広がっています。キャリアアップを目指す場合、異業種からの転職を考えるかもしれませんが、これまで培ってきた経験にFP資格を加えることで、異業種でも資格を十分に生かした仕事ができるようになるはずです。例えば自動車販売店から銀行に転職する、サービス業から生命保険業界に転職するというケースも珍しくありません。分野が異なりますが、FP資格を生かし、コミュニケーションスキルを駆使して各業界で活躍している人が増えているのです。

保険代理店へ転職する場合もFP資格が有利です。保険代理店は新規顧客獲得や顧客の保全業務を主としていますが、FP資格を配置するかどうかで保険代理店の売り上げに大きな影響が生じます。そのため保険外交員の中にはスキルアップを目指してFP資格を取得する人が増えているのです。保険代理店へ転職することで、報酬面のアップを含め、満足できるキャリアアップができるはずです。もちろん保険会社に転職する方法もあります。保険会社は直営の代理店を持っている場合がありますし、直販型の商品を販売する会社もあるため、FP有資格者は厚遇される傾向があります。

銀行への転職でキャリアアップを目指す人も多いかもしれません。銀行に転職する人の志望理由として報酬が高いことが挙げられます。確かに銀行員の中には年収が2000万円を超す人も少なくないからです。FP資格があれば銀行でも十分にその資格を生かせます。商品の提案の際にライフプランを設計する必要がありますし、ローン商品を販売する際にもFP有資格者のほうが契約を有利に進めることができるからです。キャリアアップを目指して金融系の会社への転職を目指す場合には、FP資格が不可欠だと言っても過言ではありません。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.