FPの転職と面接対策

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの転職と面接対策

FPの転職と面接対策

FP(ファイナンシャルプランナー)資格を生かした転職を成功させるためには、面接対策をしっかりしておくことが大切です。転職準備を始める際には、履歴書、職務経歴書の作成に加えて面接対策も必要になるので、企業に勤務しながら準備を進めていくのは大変です。転職経験がない人や前回の転職からある程度スパンが経過してしまっている人にとっては面接対策を一からしないといけません。だとしても心配しすぎる必要はありません。それぞれを計画的に進めていくことでクリアすることができるからです。まずは落ち着いてできるところからスタートしていきましょう。

面接対策でまず取り組みたいのが発声方法です。なぜ発声方法から始めるべきかというと、面接の質問に対する対策は比較的だれでも取り組みやすいのですが、発声方法は生まれつきのものや、話す際の癖が関係してくるため、最初に直しておく必要があるからです。発声はいわゆる腹式呼吸を利用します。音楽の授業を思い出し、おなかから声を出せるように練習してみましょう。呼吸をするときにおなかが大きくへこむのは腹式呼吸をするからです。腹式呼吸の時のおなかの動きは鼻呼吸をするとわかります。リラックスした状態で腹式呼吸の練習をしてみてください。

次に取るべき対策は想定問答です。どのような質問があるかはある程度推測できます。志望動機、なぜ転職をしたいと思ったのか、当社を選んだ理由はなぜか、実際に採用されたら何がしたいか、といった質問が出されます。面接官によっては想定外の質問をする場合があります。普段の趣味は何か、嫌いなものは何か、好きな食べ物は何か、といった日常生活でありふれた質問です。面接時は緊張しているので、唐突に変化球のような質問をされると簡単な質問でも言葉に詰まってしまうことがあります。そうならないために、リラックスして前述のような質問にも答えられるようにすることが大切です。

逆質問を求められるケースが増えています。逆質問とは面接官から何か質問はないか、と言われる場面を指します。逆質問は応募者のコミュニケーション力や提案力を探る大切な機会になるため、面接官が重要視する項目です。前もってどんなことを質問すべきかを考えておくと良いでしょう。いわゆる想定問答集で提案されている質問を利用することもできますが、面接官はすでにそのような答えをよく知っているので、別の切り口で質問を準備してみると良いでしょう。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.