FPの転職先の分類

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの転職先の分類

FPの転職先の分類

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を生かして転職した人はどのような職種を選んでいるのでしょうか。FPの資格を生かす場合、企業FPとして勤務することになるため、金融関連の企業に転職するのが一般的です。金融と一口に言っても分野は幅広く、転職先の企業によってFP資格の活かし方も変わってきます。つまり転職を考慮する場合、どのような職種を選択するかをよく吟味し、ターゲットを絞り込むことが大切だといえるわけです。

例えば保険会社でFP資格を生かす場合と不動産会社で資格を生かす場合とでは顧客層が異なりますし、提案する内容も大きく異なります。保険関連であれば投資というよりも将来の補償設計が中心になりますし、不動産関連であれば、投資目的を含め、資産運用に関するアドバイスが求められます。

FP資格を生かして転職する場合の転職先の代表例は、銀行、保険会社、証券会社、不動産会社です。銀行はFP資格を最大限に生かせる職場です。個人、法人によって顧客層が異なるため、提案内容が異なりますが、銀行が取り扱う商品は非常に幅広く、保険、株式投信、ファンドなどの投資信託なども含まれるため、より深い金融に関する知識とグローバルな視野を持つ必要があります。それだけやりがいが大きい仕事といえるでしょう。

保険会社でFP資格を生かす場合、ライフプランの設計と、保険の見直しなどの相談が中心になります。そのため保険に関する幅広い知識に加えて、生涯にわたってかかる費用の算定などが必要になります。保険会社に転職すると、法人営業が中心になる可能性が高いです。なぜなら個人営業は代理店が中心になるからです。法人営業は保険会社の花形ともいえる職種ですから、FP資格を生かして顧客獲得を目指すことになりますが、報酬が高くやりがいがあります。保険代理店に勤務する場合もあり、顧客の保全などを行います。

証券会社や不動産はどちらかといえば資産形成や投資に関する相談を受け付けるのが主な仕事になります。証券会社のFPは常に動き続ける株式投資に関する知識を生かす仕事が中心です。今後の見通しだけでなく、資産に見合った投資のアドバイスなどを差し伸べます。不動産は不動産投資に関する提案だけでなく、住宅ローンを組む際の支払い能力の算定やライフプランの策定などが主な仕事です。お金の扱い方に関するよきアドバイザーとしてFP資格を生かせるというのはFPの醍醐味ともいえるでしょう。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.