FPの転職と履歴書

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの転職と履歴書

FPの転職と履歴書

FP(ファイナンシャルプランナー)資格を生かして転職しようと考えている人が増えています。転職する人の中には新卒で入社しこれまで一度も転職したことがないという人や、すでに転職を何度もしてきたという強者までさまざまな背景を持つ人がいます。転職で必要になるのが履歴書ですが、初めて転職するという人や転職してからかなりの年月が経ってしまったという人にとって、履歴書の作成は簡単ではないはずです。履歴書は応募者の採用を左右する重要な書類ですので、慎重かつ正確な履歴書を作成する必要があります。

履歴書を書くときにまず必要なのが丁寧な字体で記入することです。字の上手下手というよりも丁寧で見やすい字が書けているかどうかがポイントになります。いわゆる楷書で記入するのが成功のコツです。履歴書に記入する場合、まずは下書きを作成して、下書きを参考にしつつ正規の履歴書を書くようにすると失敗が少なくなります。氏名や住所などの個人情報を記入する欄は最新かつ正確な情報を記入するようにします。漢字表記に気を付けてください。住所によっては旧字体が用いられている場合があるからです。下書きを作成し、誤字や脱字が無いかを確認していきましょう。

学歴や職歴を記入する場合、時系列で作成します。学歴を記入する際に間違えやすいのが入学や卒業年度です。○○年度卒業という表現だと、実際に卒業した前の年になってしまうため、不正確な記述です。卒業した年を和暦で記入するためにきちんと確認しておくことが大切です。履歴書と同時に職務経歴書を作成することになりますが、職務経歴書はこれまでの役職や所属してきた部署、実際に携わってきた分野などを記入するため、履歴書の職歴とは異なるので注意してください。

資格欄にはFP資格についての情報を記入します。FP資格を記入する場合に注意したいのが正式名称です。正式名称はファイナンシャルプランナーではなくファイナンシャル・プランニング技能士です。FP資格には級数がありますので、実際に取得した正確な級数も併せて記入します。例えばFP2級の場合、2級ファイナンシャル・プランニング技能士という表現を使用します。FP資格を生かした転職をする場合には、資格を正確に記入しアピールすることが大切ですので、記入の際には間違えが無いように注意しながら作成することをお勧めします。履歴書の志望動機や趣味などの欄も漏れがないように記入してください。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.