FPの給料相場

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの給料相場

FPの給料相場

FP(ファイナンシャルプランナー)には銀行や不動産、保険代理店に勤務する企業系FPと個人で事務所を構える独立系FPがいます。ファイナンシャルプランナーの資格を生かした仕事がしたいと考えている場合、ほとんどの人は前者の企業系FPを目指すことでしょう。企業系FPとして働くことを考える場合、だれもが考えるのがファイナンシャルプランナーの報酬です。ファイナンシャルプランナーは取得が難しい国家資格の一つですから、資格を取得することでスキルを上げ、給料アップを目指したいという人も少なくありません。ファイナンシャルプランナーとして実際に企業で勤務することになった場合、報酬はどのくらいになるのでしょうか。

企業系FPの就職先として人気が高いのが銀行業界、不動産会社、保険会社です。それぞれの報酬を相場で見てみるとその違いに驚かれるかもしれません。企業系FPの勤務先で最も報酬が高いのが不動産会社です。東京オリンピックに向けて東京を中心に再開発の動きが活発化しています。リニアモーターカーの建設も始まり、関東圏や中京圏での不動産投資が増えています。それに合わせて求められているのが不動産系FPです。不動産会社で勤務する場合、基本給に加えてFPの資格手当がつくため、他の従業員よりも報酬が高くなります。平均すると月額報酬は賞与を含めて約50万円以上、年収は700万円近くにもなります。

銀行業界は昔から報酬が高いことで有名ですが、企業系FPとして勤務する場合、優遇措置はあるのでしょうか。銀行員は積極的に資格取得を目指しているので、FP資格を企業内で取得する人が増えています。そのためFPとして入行できたとしても報酬は他の銀行員と比較してそれほど高いとは言えません。それでも月額報酬は平均で40万円以上、年収は500万円を軽く超えてきます。勤務経験や実績を重ねていけば管理職として登用されるチャンスもあるため、将来的には年収1000万円〜1500万円超えを目指せます。

保険業界は日銀の金融政策の影響を直接受けているため業績が芳しくありません。そのため企業合併が続き、体質強化を図る会社が増えています。FP資格は社内で取得する人が少なくないため、FPとして入社した場合でも大幅な報酬アップは期待しないほうが良いでしょう。保険業界で勤務する場合、平均的な月額報酬は30万円〜40万円で年収500万円程度が平均的です。しかしながら新規顧客開拓と取得により年収をアップさせることは十分可能です。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.