FPの起業・独立

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの起業・独立

FPの起業・独立

FP(ファイナンシャルプランナー)資格は転職だけでなく、独立や起業にも有効です。現にFP資格を有する人が独立してFP事務所を設立し、効果的に仕事を行っているケースが多数あります。日本は1円で株式会社を設立できる制度があるなど、かつてよりも起業しやすい社会制度になっていますから、FP資格を生かして起業するというのは一つの選択肢として考慮する価値があるといえるでしょう。実際にFP資格を生かして起業や独立をした人たちはどのような経緯を経て来たのでしょうか。

起業や独立したFPのことを起業系FPと呼んでいます。起業系FPはこれまでの勤務経験を生かしてFP事務所を設立するケースが少なくありません。ほかにも保険代理店を開業し、FP資格を生かした保険相談会などを実施する人たちもいます。FPとして独立や起業を目指す場合、まったくの異業種から目指せるのか、という疑問を持つかもしれません。FP資格を取得したからと言って、事務所を設立し、すぐに顧客が集まるかというとそうではないのが実情です。顧客を獲得するための集客やマーケティング戦略が必要になります。

起業系FPの前職を調査してみると、生命保険や損害保険で勤務経験を持つ人、保険代理店での勤務経験がある人、銀行や証券会社での経験を持つ人が多く、ほとんどの場合、金融系の会社で勤務していた人が起業に踏み切るのが一般的です。もちろんゼロからスタートすることもできないわけではありませんが、実際に金融系の会社での勤務経験を通じて、さまざまな顧客の状況を把握したうえで相談に応じるのと、資格取得のために学んだ知識だけで応じるのとでは、顧客の印象は大きく変わります。FPに相談する顧客の多くは金融に関する知識をある程度持っていますし、中には資産運用で多額の収益を上げているような投資家もいるからです。

もしFPとして起業を考えているのであれば、保険会社や銀行などの金融機関である程度経験を積むことをお勧めします。ある程度経験を積むと、その時にさまざまな顧客とのつながりが生まれ、それがきっかけで新規顧客契約に結び付くケースが少なくないからです。何らかの縁がない状態でスタートする場合、事務所を開けばすぐに顧客がやってくることはありえないということを肝に銘じておくと良いでしょう。起業や独立は新たな可能性を生み出すチャンスになりえます。起業すればサラリーマンのような定年がなくなり、一生涯働くことも可能になるわけですから、将来性は大きいといえるのです。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.