FPの仕事内容

FP求人TOP >> FP転職の基礎 >> FPの仕事内容

FPの仕事内容

FP(ファイナンシャルプランナー)はお金のプロといっても過言ではありません。ファイナンシャルプランナーは国家資格の一つであり、毎年多くの人がファイナンシャルプランナー資格取得を目指して難関な試験に臨みます。ところでファイナンシャルプランナーの仕事内容にはどんなことが含まれるのでしょうか。ファイナンシャルプランナーは一言で表すなら資産や資金を有効に活用するためのアドバイスを差し伸べる専門家のことです。相談対象は多岐に及びます。個人だけでなく中小企業などの資金活用方法などを分析、提案します。

最近ではファイナンシャルプランナーが身近になってきたということもあり、個人からの相談件数が増加しています。個人からの相談に多いのが生命保険や損害保険の見直し、住宅ローンの借り換えや新規契約に関する相談、ライフプランの設計や提案です。特に生命保険や損害保険などの保険商品の見直し業務が増えているのが実情だといえるでしょう。そのため保険代理店や銀行、証券会社などはファイナンシャルプランナーを積極的に配置して、顧客のニーズに合わせた提案ができるように業務体制を整えています。

ファイナンシャルプランナーが金融に関する提案を行う場合、いわゆるライフプランの設計を行ってから必要な提案を差し伸べるのが普通です。ファイナンシャルプランナーにとってライフプランの設計は腕の見せ所となります。ライフプランというのは相談者の家計もしくは事業会計の支出と収入だけでなく、将来的に発生する支出や収益などを総合的に分析した資料のことを指します。ライフプランの設計には相談者との綿密なコミュニケーションが不可欠で、相談者から提出された資料に加えて、面談で得られた情報をもとに必要なプランを設計します。

ライフプランの設計が終わると、相談者が求めている相談内容に従って金融商品に関する提案を行います。具体的には生命保険の見直しによる支出の節減、資産運用による収益の確保、将来の状況を見据えた事業計画の立て方の提案などを実施します。相談者の人生を左右する提案を行うことになるため、責任は大きく緊張感をもって仕事に向き合う必要があります。大きな責任が伴う仕事ですが、その分だけ顧客から感謝される機会が多い職種ともいえるでしょう。金融に関する最新の情報に基づいて分析する必要があるため、情報収集能力に加えて提案力が求められるのがファイナンシャルプランナーなのです。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.