30代のFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> 30代

30代のFPの求人

一般的な職種では、30代以上の転職ともなると、転職市場での市場価値というものが低下しており、なかなか転職を成功に導くことは難しいと言われています。業界によっても、年齢についての受け取り方は様々ですが、やはり30代ともなれば、即戦力は当然であり、その上でマネジメントの能力もある程度に有していなければ難しいと言える状況に立たされていると考えて下さい。ファイナンシャルプランナーという資格を有し、これまでも経験と能力というものに、貴方自身が自身を持つことが出来るか否かが重要なのです。

30代の転職でもファイナンシャルプランナーであれば、ある程度に求人数は多くなると言えます。ただし、それは特定のジャンルに限られています。やはり実務経験というものがなければ、評価には至りません。またファイナンシャルプランナーの資格でも、初心者向けの資格である3級レベルであれば、わざわざ30代の人間を採用することは控える企業が多いと予測出来るでしょう。

専門的な分野において、最低限でも5年程度の実務経験がない場合には、ファイナンシャルプランナーの資格を有していても、転職成功に導くことは難しいかもしれません。また、ただ所属していたということだけではなく、明確に転職企業にアピールすることが出来る実績というものを挙げていないと、同じく求人数はぐっと減ってしまうことになるでしょう。こういった事情を転職エージェントなどに登録をして、転職活動を始める前に確認をしておくべきでしょう。

30代での転職の場合には、2級以上のファイナンシャルプランニング技能士の資格を有していることが望ましいと言えますね。2級以上になってようやく評価され始めると言っても過言ではありませんし、1級を有していれば、受験資格に最低1年の実務経験や、ファイナンシャルプランナーとしての業務経験5年といった制限を設けられていますから、そのまま評価につながることが多くなるのです。

また根本的には、顧客のことを第一に考えたライププランを提案する立場の人間になりますから、人間性というものも重視されることになります。30代ともなれば、ある程度に前職でのポジションも高かった人間が多いですから、他人との接し方が上から目線担っている方も多いものです。こういった顧客とコミュニケーションを取り、相手の利益を考えるということが大前提になりますから、性格的に問題有りと判断されれば、やはり求人は狭くなりますし、採用される確率も低くなってしまうのです。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.