40代のFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> 40代

40代のFPの求人

40代に突入すると、なかなかに転職を成功させることは難しくなります。これまでの職歴で何をしてきたかということが、40代の転職活動では、その成否を左右することになるでしょう。しかしながら、ファイナンシャルプランナーという職種においては、40代でもまだまだ転職求人というものは用意されています。またファイナンシャルプランナーという資格はつぶしが効く職種になりますから、独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍していくことも可能です。

40代でファイナンシャルプランナーの求人に巡り会うためには、やはり2級以上のファイナンシャルプランニング技能士の国家資格というものを有している方が有利に働きます。3級でも不動産業界や保険業界であれば、評価にはつながるかもしれませんが、入門資格という認識が強いため、2級以上の深い知識やスキルの方が圧倒的に有利になります。3級しか有していない場合には、やはり重要視されるのは実務経験になります。

保険業界や不動産業界であれば、高いレベルの資格を有していると、そこまで経験がなくても、ある程度に求人の数は用意されていますが、その他の業界ではやはり専門分野での業務経験が5年以上あり、明確な実績というものを残していることが前提になってきます。その上で、部署やチームのリーダーとして、マネジメントの経験がある方というのが成功を納めていることが多いのです。また交渉能力などに秀でていないと、転職を成功させることは難しい傾向が見られています。

ファイナンシャルプランナーの資格を有しているということによって、それを自信に持つのではなく、やはり自分が目指している業界に関連している資格を併せ持つことが大事になるといえるでしょう。例えば会計関連の業界であれば、ファイナンシャルプランナーにプラスして日商簿記検定の資格を有していることなどがそれに当たります。他にも不動産業界、税理士事務所、金融業界それぞれに適した資格が存在しますから、それを併せて持っておきたいところですね。

ただし、年齢を重ねてからでも、業界でどうしても働きたいという意思をファイナンシャルプランナーの資格取得にチャレンジし、資格を有していると、転職先企業にアピールすることは可能でしょう。これは向上心や人間性というものをアピールする上で非常に重要な要素になりますから、アドバンテージにはなるということは覚えておきましょう。転職エージェントを利用することで、より有利に進めることが可能になります。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.