簿記保有者向けのFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> 簿記保有者向け

簿記保有者向けのFPの求人

どんな企業でも業務上必要な知識を有することが出来る資格が簿記と言われています。簿記資格の保有者が、キャリアアップのためにファイナンシャルプランナーの資格を取得し、ダブルライセンスを有して転職するといったケースが、近年では女性の方を中心に非常に多く見られています。簿記資格の保有者は、各企業の乖離部に所属をすることがほとんどで、営業活動によって発生する経理処理の全てを行うといった業務を担当しています。

以前からニーズが高い資格であり、時代が進んでもその価値が落ちることがないと言われているのが簿記という資格です。ただ企業の経理部に属するだけでなく、例えば投資家の方が簿記の知識を獲得することで、投資対象とする企業の経営状況をより正確に把握出来ることになります。つまりこれは、投資の際の大きな判断基準になる情報を確実に把握出来ることを意味するのです。そして資産運用のプロであるファイナンシャルプランナーの知識があれば、自然と求められる業界や職種は見えてきます。

実際に簿記資格を有しているファイナンシャルプランナーの求人としては、やはり証券会社が多く見られます。分かりやすい資格でいえば、証券外務員としての活躍できる場所が非常に多く用意されているということです。証券外務員という資格に匹敵しているダブルライセンスになりますから、参考までに証券外務員の年収を見てみると、営業職で最低300万円〜600万円となっています。

証券系のコンサルティング会社や企業の大小を問わず管理職などになった場合には、400万円から800万円といった高収入を稼ぎだすことが可能なのです。株式や債権、投資信託といった商品を取り扱うことになりますから、ファイナンシャルプランナーの知識をフルに活用していくことが可能です。簿記とファイナンシャルプランナーのダブルライセンスをお持ちの方であれば、最大にそのパフォーマンスを発揮出来る証券会社への転職を考えましょう。

証券会社などの金融業界に強いリクルートエージェントやDODAといった転職エージェントを活用すれば、ダブルライセンスの効果もあって、何気にすんなりと転職活動が成功出来る可能性が高いです。他にも保険会社や銀行といった所でも入職できる可能性が高いですし、その能力を発揮出来るといえるでしょう。後は自分がどのようなジャンルでどういったことを主に行っていきたいのかによりますから、転職エージェントなどで第三者に適性を判断してもらうことも、何気にベターな選択です。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.