英語力が活かせるのFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> 英語力が活かせる

英語力が活かせるのFPの求人

FPの資格も有し、英語力もあるという方であれば、その両方を活かした職場で働きたいと思うのは当然のことでしょう。どちらの資格も仕事で活かすことが出来ないのであれば、ちょっとしたストレスを感じるものですよね。ファイナンシャルプランナーの資格を活かし、更に語学力も活かしたいという方であれば、やはり外資系保険会社の求人を探すことが何よりもベストな選択といえるでしょう。

外資系保険会社の特徴としては、生命保険と損害保険との間とされている業界で言うところの第三分野と呼ばれるジャンルの商品の販売で、日本国内での業績を伸ばしてきましたが、近年では外貨建てを行える個人年金商品が注目され、新しい分野でも成長をし続けている状況です。日本企業での保険会社での経験があっても、この違いを把握しておかないと、いざ保険商品を販売するためには苦労をすることでしょう。英語力を活かせるとはいえ、日本国内で働くのであれば、まずは日本人顧客のことを第一に考えるべきなのですから。

英語力を活かすことが出来る外資系保険会社で働くのであれば、外資系保険会社の主力とも言われている商品である、個人年金保険や医療保険の分野の専門的な知識をまずは勉強しておくべきでしょう。何よりも保険料の安さが外資系の特徴です。この保険料が配当金を出さないということや、ダイレクト販売を行っているから実現出来ているというシステムをしっかりと理解しておくことも、外資系保険会社に入職に、長く働き続けるためのコツなのです。

日本の保険会社といえば、生命保険という商品で、これまでは近所の奥さんがパートで働き、その付き合いで保険商品を購入するといった販売スタイルが多かったものです。ですから、何もツテといったものがない外資系に付け入る隙はなかったものです。しかしながら、外資系はその資本の豊富さを使い、テレビや雑誌、インターネットといったメディアを上手に使ってダイレクトマーケティングを行い、保険料のコストカットを実現したのです。

もちろん英語力を活かすことが出来ますが、まずはこのような環境や歴史があるということを覚えておきましょう。従来の日本企業の典型的な保険会社とは、まったく違った視点を持っていますから、入職後に戸惑わないためにも、事前にリサーチをしておきましょう。そのためには転職エージェントに登録をして、保険業界に強いキャリアコンサルタントに相談をするのが一番です。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.