FP1級保有者向けのFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> FP1級保有者向け

FP1級保有者向けのFPの求人

ファイナンシャルプランナーといっても、資格は様々な種類に分けられており、それぞれに求められる知識やスキルというものが違ってきます。ファイナンシャルプランナーの資格は、大きく分けると、国家資格と民間資格の2つに分けることが出来ます。国家資格の場合には、1級から3級までの各ファイナンシャルプランニング技能士と呼ばれるもの。民間資格では、CFPとAFPというものが挙げられます。ここでは、国家資格のファイナンシャルプランニングの最上位資格である1級ファイナンシャルプランニング技能士資格保有者向けの求人について紹介をしていきましょう。

ファイナンシャルプランナーとして、それを専門として職業にしたいと思っている方であれば、是非とも取得しておきたいのがこの1級ファイナンシャルプランニング技能士の資格です。資産相談業務と資産設計提案業務という2つのジャンルのプロフェッショナルと認められることになるため、転職の際には非常に評価をされますし、転職出来る業界の幅も広がります。

1級ファイナンシャルプランニング技能士の合格率は、非常に低く学科試験では4パーセントから19パーセントの合格率が平均となっています。ただし、学科試験をパスした人間だけが受けることが出来る技能試験の合格率は高くなっており、73パーセントから98パーセントといった高い合格率がデータとして存在しています。またファイナンシャルプランニング技能士資格の最上位資格なだけあって、受験資格も存在していますから覚えておきましょう。

2級検定合格者であり、ファイナンシャルプランナーの業務を行い、1年以上の経験を有している方。他にもファイナンシャルプランナーの仕事に5年以上の実務経験を有している方。厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者であり、1年以上の実務経験がある者となっています。つまりは、2級レベルのファイナンシャルプランナーとしての知識があり、現場経験を積んでいるものということが前提になるわけです。

これが1級のファイナンシャルプランニング技能士が、転職活動において高いアドバンテージを持つ理由でもあるのです。実務経験がないとこの資格を取得することは出来ませんから、能力というものを評価される指針になるわけです。1級を持っていると、それこそ様々な業界への転職が期待出来ますし、待遇面でも好条件のものを提示されることが期待出来るでしょう。よりよい条件を求めるのであれば、転職エージェントを上手に使っていけば、自分の想像を越える条件で転職成功できる可能性が高いと言えるでしょう。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.