FP3級保有者向けのFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> FP3級保有者向け

FP3級保有者向けのFPの求人

3級ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、ファイナンシャルプランニング資格の中でも、入門者レベルの国家資格になります。ですから、この資格取得を始めとして、2級、そして最上位の資格である1級の国家資格の取得を目指していくべきでしょう。3級の資格を有することも素晴らしいことなのですが、まだ初歩の国家資格であるということを、肝に銘じておきましょう。

ファイナンシャルプランナーとしての実務経験もなく、まだ知識もないというような状況であれば、3級の試験からスタートをするべきでしょう。3級ファイナンシャルプランニング技能士の資格は、全60問の学科試験に合格をし、個人資産相談業務、生保顧客資産相談業務、資産設計提案業務の3つの中から1つ選択をし、実務試験を合格しなければなりません。受験資格はファイナンシャルプランナーの仕事に就いているものや、これから目指している方となっていますから、特に制限はありません。

またファイナンシャルプランナーの入門資格ということもあり、20パーセント程度という低い合格率である上位資格の2級や1級の3級ファイナンシャルプランニング技能士資格と比較して、66パーセント以上と学科試験の合格率が高いというのが特徴になります。実務試験に関しても、個人資産相談業務のジャンルでは29パーセントから71パーセントの合格率、保険顧客資産相談業務であれば61パーセントから91パーセントという高い数字が出ていますから、比較的に取得しやすい資格だと言えるでしょう。

3級ファイナンシャルプランニング技能士資格を有している方向けの求人では、やはり保険会社の求人が最もスタンダードになります。実際に保険外交員の方のキャリアアップのために資格を取得している方も多く、3級を取得しておけば、保険会社への転職にアドバンテージを持てることになるでしょう。実際にファイナンシャルプランナーとしては、まだまだ駆け出しと評価をされることになりますから、保険業界以外を目指すのであれば、実務経験が評価されることになるでしょう。

前述にある通り、保険業界を代表として、未経験者可である不動産業界などであれば、求人を豊富に見つけることは可能です。しかしながら、2級や1級のファイナンシャルプランニング技能士の資格が前提とも言える、銀行や証券会社、会計事務所、税理士事務所などへの転職を目指すのであれば、ちょっと実力不足と判断されてしまうかもしれません。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.