社労士保有者向けのFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> 社労士保有者向け

社労士保有者向けのFPの求人

よく転職に有利になる資格として、ファイナンシャルプランナーと社労士という資格を目にすることが多いでしょう。更に、どちらの資格を取得した方が有利なのかといった質問を掲示板などで行っている方も非常に多く見られています。しかしながら、どちらの資格も役立つのであれば、両方を取得してしまえばいいわけです。実際にこういった考えを持ち、社労士とファイナンシャルプランナーのダブルライセンスを取得している方は、非常に多く存在しているのです。

このダブルライセンスを取得している方には、実際にはどのような求人が多く、更に現実的にどのような業界や職種で活躍されているのかは気になる所ですね。最もこのダブルライセンスを有している方が多く活躍しているのは、保険の分野です。例えば、保険会社に所属し、まずはファイナンシャルプランナーの資格を取得し、損害保険の分野を担当されていた方が、キャリアアップのために社労士を取得し、社会保険の分野でも手がけていきたいとしてこのダブルライセンスを保有するケースが多いようです。

このダブルライセンスの取得経路は2パターンあって、前述に紹介したパターンと、もう一つは既に社労士の資格を有している後に、ファイナンシャルプランナーの資格を取得するといったパターンがあります。このケースの場合には、とりあえずといった箔付けのための資格取得のケースが多く、実際には企業の側も向上心の高さなどを感じることは少ないようです。名刺の肩書きにプラスするために取得しているといったニュアンスが強いようですね。

家計や貯蓄プランの作成を主としているファイナンシャルプランナーと年金や社会保険といった分野のプロフェッショナルである社労士の組み合わせは、現在日本の深刻な問題である高齢化社会においては、絶大な効力を発揮できるダブルライセンスと言えるでしょう。老後についての不安というものは、誰もが抱える大きな問題ですから、その需要も保険会社を中心として高まっているのです。

もっともスタンダードと言われているこのダブルライセンスを有していれば、保険会社を中心として、コンサルティング業界などにも打って出ることが可能です。高齢化の影響により、定年を迎えた社員のも新しい形で雇用を考える企業も増加していますから、保険関連の相談など、非常に需要が高まっている状況なのです。よりよい活かし方をお探しであれば、キャリアパスの生成に定評のあるマイナビエージェントなどを活用していきましょう。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.