宅建保有者向けのFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 条件別のFPの求人探し >> 宅建保有者向け

宅建保有者向けのFPの求人

ファイナンシャルプランナーという資格は、その資格一つでも転職の際には有利になりますが、その他の資格と組み合わせ、ダブルライセンスを取得することで、相乗効果を発揮し、より転職活動が有利に行えるような資格でもあります。ファイナンシャルプランナーという資格が、教育や老後、住居といった将来のライフプランニングに則した資産計画を行うことにあり、そのジャンルが多岐に渡ることからも、専門性を持つことで、FPとしてカラー分けを行えるのです。

その中の一つが住居に関してのプロフェッショナルを目指すという道です。そのために必要なのが宅地建物取引主任者とのダブルライセンスです。ファイナンシャルプランナーと宅地建物取引主任者の資格を有していれば、誰が見ても不動産売買といった分野のプロフェッショナルだという認識を持ってくれることでしょう。このようにダブルライセンスを有することで、自分はどの分野に強いファイナンシャルプランナーですよという名刺代わりになるのです。

実際にこのダブルライセンスを取得した場合には、どういった求人と巡り会えるのかは、かなり気になる所ですね。一般的にライセンスのダブル取得やトリプル取得など複数に資格を有している場合には、独立をするといった道がありますが、宅地建物取引主任者もファイナンシャルプランナーも企業内において、単独で活かせる資格になりますから、各企業での評価が高まるのです。

特に不動産売買を行っている企業を中心に、非常に多くの求人が見られています。また不動産を中心とした資産運用のコンサルティング企業からも、このダブルライセンスの取得者は歓迎される傾向にあります。不動産の購入を勧め営業をする場合でも、ただ宅地建物取引主任者の知識を活かしたスタンダードな営業ではなく、ライフプランを考えたファイナンシャルプランナーの知識を使ったアプローチを行うことが可能になるのです。より多くの営業手法を選択出来るということからも、前述にあるような企業を中心に重宝される存在なのです。

FP2級の合格率は35パーセント前後と合格率が高い部類に入る資格ですが、宅建の場合にはわずか15パーセント前後の合格率であり、難関と言われる部類に入る資格です。こういったことからも、キャリアに対しての向上心や仕事に対しての真摯さといったものが評価されることが多く、大手を中心として積極的に採用されるケースが多くなるようです。より有効な活かし方を探したいなら、転職エージェントでキャリアコンサルタントに相談をしてみましょう。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.