税理士事務所のFP(ファイナンシャルプランナー)の求人

FP求人TOP >> 職場別のFP求人 >> 税理士事務所

税理士事務所のFPの求人

ファイナンシャルプランナーの資格を有している場合には、その転職先として、また独立開業のジャンルとして、税理士という仕事を行うことが出来るでしょう。ファイナンシャルプランナーというものは、非常に幅広い知識というものを有しています。税理士事務所での仕事の場合には、当然に税金関連の相談に乗り、それを解決していくことになるのですが、プラスアルファの相談なども行われることが多いのです。

相談に来る企業のファイナンスに関してのことを、税金関連の相談のついでに行なってきたり、他にも人事に関してのことなどを相談してくるといったケースは何気に少なくはないのです。税金のことに関しての相談が的確であったり、満足をしてもらえるような内容である場合には、個人的な資産運用であったり、ライフプランの相談などに展開するといったケースも少なくありませんから、こういった時には、幅広い知識を有したファイナンシャルプランナーの需要が高くなるといえるのです。

こういった相談を持ちかけられた場合、税理士事務所とは無関係ですから、お答えできませんなんて言ってしまうような方は、残念ながら税理士事務所で働く職員としては、志というものが低すぎると言わざるを得ません。ファイナンシャルプランナーという資格を有していると、かなり幅広い知識を有することが出来ますから、その知識そのものがコミュニケーションツールとして、非常に役立つものということが出来るのです。

老後に向けてどういった資産運用をしているのかという世間話なんてものからこういった話題に展開していくこともあるでしょう。ただただ税金に関してのことばかりであれば、相談に来ている顧客にとっても、非常に疲労感というものを感じてしまうものではないでしょうか。こういった様々なジャンルの話を出来るのは、税理士事務所では重宝される人材だと言えるのです。やはり税理士事務所に訪れるような顧客の皆さんであれば、お金に関しての話というものには、興味深々でしょうからね。

また、クライアントに関しての細かい情報収集にもなるといえるのです。こういったお金の話をすることによって、クライアントの金銭感覚や資産管理についての情報を獲得することが可能なのです。現在、ほとんどの資格がその資格を有しているだけでは、生き残っていくことが難しい時代になっているのです。税理士にプラスαの要素としてファイナンシャルプランナーの資格保有者は、重宝されることになるのです。

FPの求人はココが人気!転職サイト比較・最新版!

リクルートエージェント
利用料金 無料
FPの利用者数 ★★★★★
運営会社 株式会社リクルートエージェント
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 FP求人ランキング【※ファイナンシャルプランナーに転職】 All Rights Reserved.